FC2ブログ
♪2016/9/1おしらせ♪ プロバイダーのHPサービス終了によりガッチャ缶情報部の親サイトガッチャ缶のトップのアドレス変わりました。 ガッチャ缶トップ

内川聖一選手が「野球忍者隊 ウッチャマン」に扮したウッチャマンが19日、20日に出るそうだ。

2014年8月19日(火)、20日(水)埼玉西武ライオンズ戦にて行われる「福岡クラシック2014」に内川聖一選手が「野球忍者隊 ウッチャマン」に扮したウッチャマンが出るそうだ。どのように登場するかは不明。
ウッチャマンのスペシャル映像配信中です


Broadcast live streaming video on Ustream
ほんのちょっとやるだけと思ってましたが、映像まで作っていたとはね。
ギャラクターズと対戦してます。文化放送でやっていたラジオ版ガッチャマンのパロディ回5話、みたい。ラジオではガッチャマンズとギャラクターズでしたね。ギャラクターズはキャタローラーなどのメカ鉄獣が選手でした。ガッチャマンズは5人だけという変な試合でした。
話が脱線しましたが、
ウッチャマン登場の試合、関東ではMXtvでやるみたいですね。試合開始が18時からだけど放送は19時からですね。mxtv2で18:30から少しやるようです。
試合前にちょっと登場して終わりだったら映像は見られないかもしれませんね。

ウッチャマングッズも増えてますね。
グッズは此方
ウッチャマンTシャツ価格2,900円(税込)
ウッチャマンクリアツインメガホン 価格850円(税込)
ウッチャマンタオルマント価格4,000円(税込)
ウッチャマンフェイスタオル価格1,200円(税込)
ウッチャマンプチタオル価格450円(税込)
ウッチャマンキーホルダー価格800円(税込)
ウッチャマンストラップ価格800円(税込)
ウッチャマンクリアファイル価格300円(税込)
ウッチャマンミニリングノート価格400円(税込)

追記
20日
ウッチャマンの着ぐるみが登場したらしいですね。
着ぐるみを作るのも予算がいるでしょうに。このイベントに力が入っているのにびっくりしてます。
アニメも球場の大スクリーンに流れたようです。
もともとウッチーくんという着ぐるみがいるらしく。それにウッリャマンのスーツとヘルメットをかぶせたようですね。

みのり書房刊ランデヴー 第1号の表紙の原画がオークションに出されています。

当時のガッチャマンファンだったら、殆どの方が持っていと思われる、ランデヴー 第1号(創刊号)。
その表紙の原画がYahoo!オークションに出品されています。
その表紙についての細かい事が書いてあり、記録に残しておこうとブログに載せました。
出品元は、チャンズマーケット。ファンロードのケッダーマンで皆さんご存じのサンダーバード研究家の故・伊藤秀明氏の生前のコレクションアイテムで出品代行での出品だと言うことです。
オークションは此方
オークションの商品の詳細(追加補足)では
「こちらのセル画は、雑誌 ランデヴー 第1号(創刊号) 月刊OUT増刊1977年12月15日号の表紙に使われた伊藤秀明作画のものであるとのことです。
さらに表紙をご覧になったガッチャマン原作者の九里一平氏から大絶賛を受けた作品、とのことです。」
と記載されています。

てっきりタツノコのどなたかが描かれていると思っていました。
この様な事が亡くなられてオークションに出品されて分かるのは、しみじみしてしまいますね。

ランデヴーの情報。
雑誌名 ランデヴー 第1号(創刊号)月刊OUT増刊1977年12月15日号
値段 450円
出版元 みのり書房

自分もコレクションをしている身としては、集めた物のその後も考えておかないといけないのだと思いました。
どうしたらいいのでしょうね、整理してくれる会社などを決めておかないといけないのでしょうね。

ガッチャマンF、総裁Z役加藤精三さん死去

星一徹役で有名な加藤精三さんが膀胱(ぼうこう)がんのため、2014年1月17日11時40分、86歳で死去なさいました。
ガッチャマンではガッチャマンFで総裁Z役を演じていらっしゃいました。
ご冥福をお祈りいたします。

ガッチャマンFはあまり取り上げられる事が少なくて、総裁Zとしてのインタビューは私の記憶の中では、見た事がなかったで、総裁ZはXの田中さんから急に変わったので、どのような気持ちで演じていらしたのか、聞いてみたかったです。

星一徹がとても有名ですが私はおはようこどもショーのガマ親分が大好きで、その時加藤さんの声を認識したと思います。小さい頃からほんとに楽しませて頂きました。有り難うございました。

大丸・松坂屋×タツノコプロ『秋のサンクスフェスティバル』のゴットフェニックス折り紙教室に参加してきました。

大丸・松坂屋×タツノコプロ『秋のサンクスフェスティバル』のゴットフェニックス折り紙教室にお彼岸の休みの時に参加してきました。
現在開催中の大丸・松坂屋שタツノコプロ 秋のサンクスフェスティバルでのイベントです。私が行ったのは松坂屋の教室です。

大丸松坂屋サンクスフェア01
初めは親子参加でしたが、席が埋まらなかったので、条件が合わなくても追加参加できました。全員で16名ぐらいです。追加の方で満杯になりました。
先生は、フチモト ムネジ先生。この為にゴットフェニックスの折り方を考えてくれたようです。
席に着くとゴットフェニックスの折り方の冊子と折るためのゴットフェニックスの色が印刷された紙を渡してもらいました。
紙には折る順番の番号が振ってあり折り線も書いてありました。
とても細かい折りです。
冊子と先生の説明で折り進みました。分からないところは、スタッフの方が数名いて教えて下さいます。
先生にも直接指導してもらい、一時間ちょっとで出来上がりました。
まさか一枚で折りが上がるとは思っていなかったので感動です。
直接の指導があったので完成できました。冊子だけでは難しくて完成にならなかったと思います。最後のゴットフェニックスのフロートの部分はさっぱりわからなくて両方とも折ってもらいました。
出来上がると、ゴットフェニックスを乗せる折り紙の台座を頂きました。
それから先生が折った火の鳥の折り紙をじゃんけんで一名にもらえることになりましたが、見事に負けました。ちゃんと紙飛行機のように飛ぶ火の鳥でした。写真は撮れなかったですが格好いい物でした。
家でもう一回折れるように、ゴットフェニックスの色が印刷された紙をもう一枚もらえて、なんかすごく良いイベントでした。
残念ながらこの折り紙イベントは終了しています。サンクスフェアは10/1までやっています。
大丸松坂屋サンクスフェア02
スタンプラリーもやっていたのでガッチャマンを押してきました。

大丸松坂屋サンクスフェア03



2013/10/01追記
火の鳥の折り紙の写真を提供して頂きました。有り難うございます。
折り紙火の鳥
これがちゃんと飛ぶんです。すごいです。

まんだらけZENBU59号にガッチャマン初期設定隼一郎の絵が掲載

今、発売されている「まんだらけZENBU」59号の「もっとマンガを知りたい!」第71回星まこと著の記事にガッチャマンの初期設定の頃の隼一郎(大鷲の健)の絵がちょこっと掲載されています。
この設定ではガッチャマンの名前はまだ無くて「科学忍者隊(仮)」で「国際サイエンス・パトロール隊」のリーダーでエアーレーサーとしても世界各国の飛行レースで賞を取っている少年冒険家の設定だそうだ。
ハンチングをかぶって髪は短髪、背広ネクタイという格好です。
イメージとしては三船剛にそんな格好をさせた感じですな。
しかしここからロン毛でTシャツ、パンタロンの設定に行くとは凄いな。やはり竜夫さんは流行に敏感だったんでしょうね。
この「科学忍者隊(仮)」のことはまんだらけZENBU 45号にも載ってまして、同じコラムのページにありました。
その事を書いたのが此方です2009年の記事「中村光毅氏インタビューとガッチャマン謎の企画書の記事」
五人の心がぴったり一つに団結したときにはテレキネシスが使えるととか書いてありました。

この所クラウズの情報を見ようとアニメ雑誌を見てるのだが
タツノコ出身の方のインタビュー記事があったので、ついでにどの雑誌に載せているのか書いておきますね。
アニメディア7月号
山本寛のDIRECTION'S HIGH!第一回ゲスト笹川ひろしさん
ニュータイプ7月
アニメの学校(二時間目)
映画プロデューサー川村元気がインタビュー今週の大先生 大河原邦男
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
ガッチャ缶BBS
ガッチャ缶BBSの投稿情報
カテゴリ
リンク
AMAZON
プロフィール

バナー

Author:バナー
ガッチャマンの私設ファンサイト、ガッチャ缶からの情報を発信します。
ガッチャマン関係の情報、商品をお知らせします。

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード